動物

「犬が登場する絵本」「犬に関する児童書」をご紹介します|おすすめ本のレビュー

inu1

犬が登場する絵本を読みたい
犬に関する児童書を知りたい

そんな方に向けて
犬に関する絵本・児童書」をご紹介します。

中には涙無しには読めない本もあります。

犬好きな方もそうでない方も、是非読んでみてください。

「本についてアレコレ」はこちらから。

本・雑誌に関するサービスはこちら!

◎人気雑誌が250誌以上読み放題→「楽天マガジン

◎本は、聴こう。→「Amazon Audible

◎Amazonの電子書籍サービス→「Kindle Unlimited

おすすめ本のレビュー|犬に関する絵本

ジーン・ジオン(文)/マーガレット・ブロイ・グレーアム(絵)/わたなべしげお(訳)
『どろんこハリー』

白い犬のハリーがどんどん真っ黒くなっていき、
自分と分かってもらうために、自ら嫌いなお風呂に入るというお話。

とにかくハリーがカワイイ。
いろいろな乗り物がでてくるのも、良いです。

また海外の作品ですので、挿絵もお洒落。
今回のおすすめの中でも、特に繰り返し読んだ本です。 

きたやまようこ『ゆうたはともだち』 

きたやまようこさんの絵本
「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ。

このシリーズはたくさん出ています。
ゆうたくんちの犬の目線で書かれているのが楽しい。
犬と人間の違いがユーモアに描かれています。

[広告]

エリック・ヒル/松川真弓『コロちゃんはどこ?』

お母さん犬がコロちゃんという子犬を探す本。

仕掛け本で、仕掛けをめくるのがとても楽しいです。
これはプレゼントにも最適の絵本となっています。

シリーズ物で他にもいろいろ出ています。

 工藤直子 (著)/ほてはま たかし (イラスト)
『おいで、フクマル』

詩人・童話作家の工藤直子さんの作品。

工藤直子さんと言えば、
国語の教科書にも作品が収録されていますよね。

「おーいおいで」とだれかによばれて生まれたフクマル。
よんでくれたのは誰かを探します。

読後は温かい気持ちになりました。

スポンサーリンク

おすすめ本のレビュー|犬に関する児童書

大木トオル『名犬チロリ』

悲しい生い立ちのチロリ。
そんなチロリは日本初のセラピードッグになりました。

読むたびに涙が出る素晴らしい本です。
写真も多く載っていて、チロリが大変カワイイ。

ずっと近くに置いておきたい本。
目の付く所に置いて、表紙を毎日見ています。

スコット・シールズ/ナンシー・M.ウェスト『救助犬ベア』

9.11同時多発テロによる世界貿易センタービルの倒壊現場で
生き埋めになった人々を捜した救助犬ベア。

多くの方々が救助に励む様子が描かれており、
ベアと人との強い絆の物語となっています。 

[広告] *試し読みができます*

今西乃子/浜田一男『犬たちをおくる日』

処分される犬を1匹でも少なくしようとする
動物愛護センターの職員の方々の奮闘を描いています。

この本から命の尊さを考えさせられます。

子どもにも大人にも読んでもらいたい1冊。
『名犬チロリ』と同様、涙無しでは読めません。

犬に関する絵本・児童書のまとめ 

inu2

犬が登場する絵本を読みたい

犬に関する児童書を知りたい

 

そんな方に向けていろいろな本をご紹介しました。
是非読んでみて下さい。

本よ、アリガトウ

ABOUT ME
BOOKBOOK
BOOKBOOK
読む本、眺める本、飾る本、贈る本、携える本、一生持っていたい本、何冊も買いたい本、文庫本も買いたい本、拝みたい本、コレクションしたい本、繰り返し読み続けたい本、とにかく本が大好きです!! 本に関する事を発信しています。多い時は1日に8冊、本を読むこともあります。月に100冊、本を購入することも!!絵本・児童書も大好き!!たまにCD、DVDの事も発信。***司書の資格も持っています。==>別ブログ「EIGO MAGIC」運営中==>別ブログ「Let's twins」運営中